今だけのポイント増量!  楽天証券または楽天カードを新規で契約する際はポイントサイトのモッピーを経由するとお得です!

モッピーへの登録は ↓ から

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!  

初心者向け

私が米国株ブロガーやユーチューバーが推している観光関連株に手を出さない理由

観光関連株に投資しない理由

皆様お疲れ様です。

最近は金利が急上昇したと思えば動きが落ち着いたり、落ち着いたと思えば急上昇したりと非常に精神的にダメージがくる展開が続いていますね。

金利の動きに影響されやすいハイテクグロース株から大型株やオールドエコノミーへ資金が移動していることでハイテクグロース株は軒並み下落で、特にテスラは500ドル台まで一時は下落しました。

対してコロナでの深刻なダメージを受けた観光産業、例えばディズニーやカーニバル、航空各社、コロナショックと原油安のダブルパンチで死亡したエネルギー産業のエクソンモービルやシェブロンなどが業績自体はコロナ前には回復していないにも関わらず、業績回復の期待感で非常に買われていますね。

最近は観光関連株が非常に好調で米国株ブロガーやユーチューバーの方は観光関連銘柄を推しているようですが、私は全く乗り気ではありません

今回は私がインフルエンサーの方々の意見を完全に無視している理由をお伝えしようと思います。

既に株価は5合目程度まで回復している

大きな理由として、今からの参入は既に手遅れであるということです。

デルタ航空株価

こちらはデルタ航空の株価ですが、コロナショック前の最高値である62ドルにまもなく到達する勢いで株価が上昇しています。

デルタ航空は売上の年間成長率は数%ということもあり、2020年までは株価も大きく伸びはせず長期的にレンジを形成しているように感じます。

このペースでいくと2021年中には最高値までの回復は確実ですが、最高値から大きくブレイクアウトするとは思っていません。

もし今から投資するとしても少しは利益をとることができるかもしれませんが、わざわざ投資する価値はないように思えます。

本当に上手い方なら2021年に入る前から淡々と購入していることでしょう。

ツイッターやユーチューブで話題に上がり出したときはもう遅いということはなんとなく皆さんも感じているのではないでしょうか?

私だったらあえて今絶賛下落中の小型中型株を拾って長期的に保有する方がよっぽど将来的に大きな利益を生んでくれると思っています。

例外でディズニーは投資する価値はあると思っています。

DIS株価

ディズニーはサブスクで配信しているDiSney+という動画コンテンツが絶好調で、ディズニーパークの業績悪化を跳ね除けて株価が好調です。

この状態でパークの売上が回復し出すとさらなる株価上昇は見込めると思っています。

ただ私はコロナショック前の2020年の最高値で利確して満足したので再投資は考えていません。

利益率が低く、今後長期で保有は恐い

私が観光関連株を購入したいもう一つの理由は観光関連株は利益率が低いということです。

私は利益率が高い銘柄を非常に好んでいます。

なぜなら利益率が高いとそれだけフリーキャッシュフローも貯まりやすいので今後の事業拡大はもちろん、株主還元など選択肢が大幅に広がります。

しかし利益率が低い銘柄はなかなかフリーキャッシュフローとしての蓄えが貯まらないので、配当性向もギリギリでいざというときに経営を圧迫しかねません。

特に今買われている航空株の多くは飛行機の運行停止でアメリカ政府の支援がなければ経営破綻まで追い込まれていました。

もし航空株の利益率が非常に高いビジネスモデルであればこのような自体にはならなかったと思います。

今後この度のコロナのように飛行機が全く飛ばなくなるという状況が訪れるかはわかりませんが、今回のコロナショックで非常事態に強い銘柄と弱い銘柄の違いが明らかになったのでわざわざリスクが高い銘柄に投資したいとは思いませんね。

短期決戦になる

確かに観光関連株などコロナでダメージを受けた銘柄はコロナ前の株価に戻っていないので、今後は穴埋めを完了するとは思っています。

ただ、コロナ前の株価を大きくブレイクアウトするとは考えにくいです。

先ほどデルタ航空の株価を紹介しましたが、観光関連株は大きく株価が上昇する銘柄ではないので、仮に株価がコロナ前に戻ってしまうとそのままレンジ相場に入ると思っています。

しかし既にコロナショックで失った株価の半分程度戻しているため今から利益をとりにいくとなるとコロナ前の株価に戻るまでの短期間になるのではないでしょうか。

気にせずVTIを買えば十分

確かに観光銘柄は上昇していますが、わざわざポートフォリオの枠を使ってまで個別株に拘らなくても、素材株や工業株、エネルギーの上昇の恩恵も同時に受けることができる、市場連動型のETFに投資するのが一番安全だと思います。

VTIの場合だと大型銘柄から小型銘柄まで米国市場の全ての銘柄をカバーしているので脳死レベルで長期保有できるので、難しいことをしたくない方にはもっともおすすめの投資先かなと思います。

-初心者向け

© 2021 ユーディーの米国株投資紀行 Powered by AFFINGER5